Takumi Tane さんは
flyturkishを利用しています!

あなたも、Takumi Tane さんのようなページを簡単に持つことができます。

参加する

Takumi Tane

アヤソフィア

 こちらは美術館になっているので、気軽に行くことができます。が、かなり混雑しています。
入場料金は、25TL(約1200円)。 ちょっと高いかなぁという印象。 中に入ると、音声ガイダンスが15TL。

 アヤソフィアの特徴といえば、はじめはキリスト教の教会として立てられたものが、イスラム教様式に変えられたという歴史を持つこと。覆い隠されてしまっていたモザイク画などが修復されて、展示してあるといった具合と、イスラム教の雰囲気も壊さないように互いに主張しあっているというのがメインです。

 上の階にもセビリアのヒラルダの塔のようなスロープで上がることができて、メインホールを一望できます。しかし、若干高さが足りないので、外の眺望はあまりよくありません。ブルーモスクもちょっとだけ顔を出しているような部分しか見ることができないのは残念でした。

 

地図を拡大する

ブルーモスク 

誰もが立ち寄るだろう一番有名なモスクだと思いますが、ちょっと見逃しがちな点をざっくり紹介します。

基本的には「聖域」なので、肌の露出が多い服はNGですし、お祈りの時間は見学できません。友人がお祈りをしてくると中に入っていったので、出口で待っていたのですが、もうどれだけ係りの人が「見学者は裏手からです。」としきりに言っているのにも関わらず、どんどん入っていきます。 看板にも掲示されているのにもです。

係りの人も「なんでみんな言うことを聞かないのかね?」と僕にぼそり。「みんな観光地としてしか見てないんですよ。」と言ったら苦笑い。 とりあえず、最低限のマナーなのでそこはちゃんと守りましょう。

雨が降ると、床が本当に滑りやすいので注意が必要です。

ブルーモスクの中は本当に細部まで細かい装飾とステンドグラスで息を呑む美しさです。 みんなが上を向いているので、ちょっと面白い光景にも出会えますが、ちゃんとカーペットも観ておくといいと思います。赤いカーペットに柄は青のチューリップ。これはトルコ原産でブルーモスクだから? こちらもとても綺麗です。上ばかり見ていると首が痛くなるのでちょうど良いです。

見学を終えて、敷地内の庭園も見所の一つ。トルコの国旗の模様に裁断された植木も結構見逃しがちじゃないかな?と思います。

地図を拡大する

辛いケバブの店 ( Meşhur Dürümcü Memonun Yeri)

イスタンブールのアナトリアサイド(アジア側)にあるケバブ店です。
注文した後に作ってくれるので、少し時間がかかりますが、すぐ隣で作っているところをライブで見ることができるので、待っている間もかなり楽しめるんじゃないかと思います。

まず出てきたのが、トルコ名物のアイラン。塩けのあるヨーグルトドリンクです。これまでにもパックされたものは飲んだことありましたが、こんなにぶくぶくに泡だっているのは、はじめてみました。 そして、全体的に言えることは、日本で飲んだときのアイランよりもマイルド。すごく飲みやすいです。

頼んだケバブは、ラップされた生地にもスパイスがたんまりかかって、いかにも辛い物好きが注文しそうな一品。ただ辛いだけではなく、やはりトルコの奥深いスパイスが効いているオススメのケバブです。

地図を拡大する
Nuh Kuyusu Cad. 261 Bağlarbaşı/İstanbul - Asya, Türkiye

イスタンブールカード

桟橋などの交通機関の近くにあるキオスクで売っているカードです。

通常、交通機関に乗る場合「ジェトン」というカラフルなコインもしくは、ちっちゃなコイン(船)を自動販売機で購入する必要があるのですが、このカードは日本のSuica(Icoca)と同様、プリペイドで入金して使うことが出来ます。 ジェトンは3TLであるのに対して、このカードを使うと1.95TLで交通機関に乗ることが出来ます。

2012年9月現在のカードの値段は7TLです。ということは、7回以上乗車もしくは乗船する人は、お得になるという仕組みです。

僕は、Eminönüの桟橋にあるキオスクで買いました。 キオスクの店員は英語があまり通じませんが、20TL札をだして、カード&10TLチャージ。 17TL!!」と言えば通じます。5or10?と聞かれますが、5TLだと2回しか乗れないので、まずは10TLチャージしたほうがベターだと思います。

チャージはキオスクのほか、駅構内のチャージできる自動販売機でも出来ます。

地図を拡大する

ベルガマ ベルガマキョフテ

色々、キョフテを出しているお店は多いのですが、地元のおじいさんに聞いた美味しいお店が「SALONU」(これが店名か不明。)店内は、日本の下町の食堂みたいな印象。 そばとか注文したら出てきちゃいそうな感じでした。

ペルガマキョフテとはトルコのスパイスがふんだんに使われているひき肉の焼いたもの。(ハンバーグ)

薄めで小柄なサイズが一般的で、カリカリまで焼いてくれるので食感が良いです。一緒に乗ってくるものは、スパイシーなパプリカなのでお好みでかじるのがベストです。 さらに、豆のサラダがとても美味しかったです。

地図を拡大する

イスタンブールから世界190都市以上に便利にアクセス - トルコ航空

ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

flyturkishに登録して、
あなたの知っている各国の
楽しいクチコミを投稿しませんか?

会員登録(無料)

flyturkishについて

Takumi Tane さん が、いった場所…


ページの先頭へ